最新記事5件
カテゴリー
月別アーカイヴ

オフィシャルサイト
お世話になってます
自分管理
ブログリスト&アンテナ
知人友人
同盟
je-pu-pu 無料カウンタ
PROFILE
OTHERS
 
...絶対的制御不可能領域...
<< 寝ます。 | main | 萩→秋芳洞→秋吉台→下関。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
萩・石見空港→萩観光。
女3人寄れば姦しい……!楽しくて死ぬ!
そんな勢いでした。ハイ。
それぞれ始発出発で寝てないのに、羽田で合流した時からハイテンション。
チェックインして、搭乗して、朝ご飯に買ったパンをもりもり食らう。
誰か眠気に負けて陥落するかと思いきや、全くそんな事はなく。ずっと喋りっぱなし。
萩・石見空港は、小さくてかわいい空港でした。
まあ大体、乗ってきた飛行機もちっちゃくてかわいかったしな。
バスで東荻駅まで移動。んが、雨が横殴りで降り注いでいる状態……。
とりあえず駅に避難して、様子を見るも、雨は相変わらず間断なく降り続く。
仕方なく循環バスの乗り場へまず行こうと、雨の中町へ踏み出した。
しかし循環バスの乗り場へ行くと、バスが来るまでの時間が微妙。
じゃあ歩いちゃえ!とばかりに歩き出す。
結構な道程を歩きました。途中、現れる寺院や神社や開放している古民家、全部突撃していきましたよ。和物建物好きばかり。(笑)
道の側溝にちょろちょろ水が流れているんだけど、沢蟹がたくさんいてびっくりしました。威嚇してる姿に和んだりした。
萩城跡指月公園では、茶室が休日のみ公開でお抹茶&お菓子がいただけず。
お堀りの鯉が貪欲で、亀も大量にいるわで怖いってば。
萩キリシタン殉教者記念公園の辺りで、雨が止んだと思いきや強烈な日差しに悩まされる事になり。
口羽家住宅は素晴らしかった!明治以前からの古民家、大き過ぎず小さ過ぎず、皆で
「住みたい!」
「こういう家ばっかりだったらヒートアイランド現象とか起こらないよね!」
などなど白熱。
家の敷地前を流れる河にも圧倒され。
しかし、そこの管理をしていると思しきおばさまが凄かった。
まるでその時代を生きて来たか、その時代の人間が乗り移っているかのような、滔々とした喋りっぷり。
おかげさまで、松陰先生がどれだけ素晴らしい人物か、桂小五郎が知略に長けた人物か、高杉晋作が躁鬱の気があった人物だったか、よぉく勉強になりました。(笑)
鍵曲のところにあった案内板に書かれてあったんだけど、ここらへんはかなり土地を潰して夏みかんを植えたそうです。道理でアゲハチョウがたくさん飛んでるはずだ。
旧久保田家住宅と、菊屋家住宅との対比も面白かったです。武家と商家。ここでも建築物もえに熱狂する私達。誰も止められませんがな。
お昼は、道行きの途中で見つけた、小さなフレンチレストラン。これが大当たりでした!
シーフードサラダも冷製スープもパンも魚のフリッター数種もデザートも大満足で、2000円。安いくらいだ。
萩焼のお店にも寄りました。それぞれお土産購入。萩焼って、色が薄い程昔の焼き方に近いんだってね。

散々観光して回り、夕刻になって東荻駅へ帰って来る。
ホテルの送迎バスが来る前に、小さな小さなお土産屋ビルで、おつまみとお酒を購入。
ここらへんの地ビール、「CYONMAGE」っていう名前のがあるんですよ!笑った、買った!(笑)
それにしても荻の街は小さいです。人がいません。平日だからってそんな。何度も、世界に3人だけ?みたいな錯覚に陥る瞬間あり。
建築物も高過ぎる物はなく、歩道橋を作らず地下道にする配慮とか、街を本当に大切にしているんだなあて思いましたよ。
その割に古民家とかすごいオープンなんだよね(笑)入っていいの……?と恐る恐る覗き込む事何回も。

さて、ホテルですが。ホテルというより立派に旅館です。駅からちょっとあって山の上だけど、絶景かな。
拾い和室に大興奮(笑)畳だー!とばかりに喜ぶ。
夕ご飯前に温泉に突撃。露天でまったり語り合いましたよ。気持ち良かった〜。
浴衣に着替えて部屋に戻ると、夕ご飯の準備が整ってました。部屋ご飯ー!ここでも感激。友達との旅行だとビジネスホテルばっかりだったからな〜。
夕ご飯はとんでもなく豪華でした。煮物焼き物釜飯お吸い物刺身その他諸々!デザートの梨まで美味しかった!買って来たお酒も美味しかったし☆
布団を敷いてもらってからも、ちびちび飲みながらひたすらお喋り。
でも23時半くらいには皆揃って陥落しました(笑)疲れた……!
| 旅行記もどき | - | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |