最新記事5件
カテゴリー
月別アーカイヴ

オフィシャルサイト
お世話になってます
自分管理
ブログリスト&アンテナ
知人友人
同盟
je-pu-pu 無料カウンタ
PROFILE
OTHERS
 
...絶対的制御不可能領域...
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
下関→唐戸→下関→宇部空港。
朝はバイキング形式でした。これが美味いんだ。期待してなかったからこそ、嬉しくて。
納豆を山盛り取った後、ふぐ粥を発見してしまって大後悔。どっちも食べたい!しかしおかずが多いから、ご飯おかわりするのは無理!
泣く泣く、納豆は普通におかずにして食べました。ねばー。
食後、荷物まとめて化粧してチェックアウトして出発。
下関から唐戸までバス移動。
旧秋田商会ビル(下関観光センター)がまた素敵な建物で!荷物預かって貰えないかしら〜と訪れたら、コインロッカーの案内はされたものの、内部を見学させてくれるという事で、いそいそと上がり込む。
外観は洋館、内装は和洋折衷です。階段や手摺、窓枠やランプの傘は、洋物。
しかし襖で障子で畳で和箪笥で欄間。
この混在っぷりがたまりません。窓から海も見えます。昔だったらもっとよく見えたんだろうなあ。
屋上庭園があるということで、是非見学したかったんだけど、老朽化に伴ってダメでした。沈。
隣の旧英国領事館がまた凄かった。洋館ですよまるっと。そこに和が入り込む余地は無く。
応接間とか家具とか、ばっしゃばっしゃ写真撮りまくってました。すごい情熱を傾ける人が一人いたよっ?(笑)
荷物をコインロッカーに押し込めて、海の側のデッキへと。きらきら輝く関門海峡を眺めてるだけで、しばらく喋っていられそう。
そして巌流島がここにある事を初めて知った(恥)観光船も出てた、よ!
私達は海沿いに、対岸に九州を見ながら歩きました。今回の旅では渡るのは旅程に入ってません。とりあえず関門橋の足下辺りには行ってもいいんじゃん?くらいで。
史蹟・春帆楼は正直興ざめな改修工事されてましたぁ!しかし隣接の日新講和記念館は良かったよ。当時の会談の模様を再現した部屋があったんだけど、いやあこれがまた。ペン立て一つとっても素晴らしい。うっとりですよ。
安徳天皇阿弥陀寺陵も見ました。入口だけ。(笑)
赤間神社で、本物の結婚式を見てしまいました!白無垢!角隠し!大興奮ですよー!
しばし眺めてしまいました。いいね……と呟きつつ。
冷やし飴を初めて飲みました。しょうがの香りと程よい甘さが疲れを取ってくれる感じ。
それにしても、ここは海峡か内海なんだろ?大丈夫なんだよな?ってくらい、波がざっぱんざっぱんひたすら打ち付けて来て、ちとびびりました。
途中、階段状になっていてそのまま海へ降りて行かれるところがあって。私は怖かったから一番上の段にいたんですよ。そしたら意気揚々と突進するMさん。大丈夫かな?とか言いながら続く麻子先輩。
えー滑るよ危ないよ?と言いながら私も一段降りた、ら。ざぱー!と物凄い勢いで上がる波飛沫。半ば本気の悲鳴をあげて退避する私達。何をやっているのやら!(笑)
宮本武蔵船出の場をあっさりスルーし(笑)唐戸市場まで戻って来る。
最初は麻子先輩が調べてくれたカモンワーフ内で、ふぐ料理セットでも食べる?って話だったんだけど。
市場に入ったら、その計画が見事にすっ飛びました☆だって安い握り寿司や唐揚げやお味噌汁や丼ものが、格安お値段で売ってるんだもん!それを買って市場すぐ前の海っ縁のテラスで食べるなんて、贅沢にも程がある!
あー。ふぐ酒を買いました。昼間っからのんべ……いやいや。←言い訳
風がすごい中、芝生に座ってがつがつと貪り食う。これだけ食べて2000円てお得だよ!興奮してて靴に醤油零したよ!(苦笑)
しかし最大のハプニングは、飲み切ったMさんのお味噌汁のカップを、麻子先輩が被ってしまった事でしょうか……!犯人は風!
しかしMさんは後々まで引きずりへこむわ、瞬間麻子先輩は大爆笑するわで、私は一人おろおろしておりました。役立たず……!
とりあえず麻子先輩をお手洗いに押し込めて、髪や服を綺麗にするように言い含めて。
出て来てからは、市場内をお土産捜しに彷徨う。
各々がいろいろ買いましたよー。私はふぐの一夜干セットと、明太子と、ドライフルーツ(りんごとトマト)(!)を購入。みんなもいろいろ買ってました。
他にもかわいい雑貨屋さんに突撃して、Mさんがピアスとネックレス買ってました。色合いと言いデザインといい素敵じゃった。
あ、世界一のふくの像、麻子先輩が激写してました(笑)ああいう変なオブジェ好きな友達がいるとか。いいねー。
時間がそろそろ、という事で、コインロッカーへ移動。荷物を回収して、空港行きのバスを待つ。
んが。待つ間横殴りの雨が……!(苛)
風もあるし、直前まで飛行機飛ぶかほんっとに心配でしたよ。もー。
空港内でもお土産買いまくって、もこもこに膨れた荷物で搭乗。
帰りは今度こそ寝るか!?と思ったんだが、全然そんな事は無く。喋りっぱなしな1時間半だった。
空港に着いて、時間もちょうどいいしここから帰り道ばらばらになるしと、空港内のお店でご飯。食べてないのはパスター!との事で満場一致。美味しかったですよ。
その後カフェに移動して、まだまだ喋る事があるという……。
二泊三日一緒にいて黙る瞬間って何分だった?みたいな。寝てる時くらい?
会話のネタは尽きないものの、ようやくお開きとなりました。
帰り道、怒濤のような二泊三日を反芻して、幸せに浸ってました。まじやばい。こんな楽しい旅はそうそう無いよ。
いやーそれにしても疲れました。楽し過ぎてありえない。
イヤだな〜と思う瞬間とか、ああ今私相手に気ィ使わせてるとか、気ィ使ってるとか、そんなん全然なかったもん!すげーシンクロニティ!

いくつか思った共通点。
天候の推移が気にならない。
美味しい物好き。
突発事項にも対応可能。
協調性が程よくある。
総じてブラコンシスコンなお姉ちゃんたち。(あれ?)
……そんなかな。まだまだありそうだけどさ。
ああもーいやー楽しかった!しばらくはこの余韻で生きて行ける!
麻子先輩Mさんまたどこか行きましょう!今度はベトナム!?(本気か!)
| 旅行記もどき | - | - |
萩→秋芳洞→秋吉台→下関。
麻子先輩とMさんは、6時半頃に起きて朝風呂に行った模様。私は二人が帰って来るまでぐっすり寝こけてました。恥。
朝ご飯はこれまた豪華でして。ふぐの一夜干!塩辛!ちょっとずついろんなおかずがあるのがたまらない。朝からおかわりしてしまいました☆
お土産に日本酒のセットを自宅に送り、荷物をまとめて化粧して出発。
また東荻駅へ送迎バスで送ってもらい、荷物をコインロッカーへ押し込めて、昨日とは逆の方向へ。
松陰神社や松下村塾や松陰幽囚の旧宅を見て。またその素晴らしさに感動して。
ていうか、神社で引いたおみくじがね。
「色に溺れ酒に狂えば凶なり」
って!びっくりした!色に狂わない自信も酒に溺れない自信もないよ!(笑)
伊藤博文旧宅と別宅も見ました。もっと広くて、見応えがあった。
確か、ニコンの寮に使われていた、とか。老朽化したから移築して公開してるとか。ニコンに就職したかった!と騒ぐ騒ぐ。(笑)
移動バスの時間を見計らって、建物群を後に。また東荻駅で荷物をピックアップ、今度は秋芳洞へバスで。
途中から緑の山肌にぽつぽつ見え出す、白い岩々。窓に張り付き歓声をあげる私達。
秋芳洞観光センターに荷物を預けて、まずは腹拵え。
河童蕎麦、というのを食べました。来歴があるんだけど、大ざっぱに括ると、
「いたずら好きの河童が修行していたお坊さんと出会って改心した。ある日大雨で増水した川を沈めようとしていたお坊さんが川に落ちた。それを助けようとして河童は川に飛び込み、死んでしまった」
……みたいな。河童可哀相!健気!と盛り上がりながら蕎麦を食した。(……)
自然薯が乗ってるんだよー。暖かいので食べたんだけど、美味しかった。
秋芳洞入口の川や森の木々が、まるで「もののけ姫」に出て来る森のようで!ここでもう、綺麗綺麗と大騒ぎ。
いざ秋芳洞の前に立つと、ひんやりした空気が中から流れて来ました。常時17℃、涼しいわけだ。
いやしかし、入口だけで圧倒されました。大きい。流れて来る水の量も半端ない。
中に入るって進む毎に、もうわーわー言いっ放しでしたよ。
もうこのくらいの年齢になると、人生観変わる出来事に出会う事って、少なくなるんですよね。きっと出産くらいかな。
それが来たよ。物凄い衝撃を受けましたよ。これは一生忘れない。
もー誰彼構わず勧めたい、見に行け!潜って来い!と叫ぶぜ!
私は洞窟の中でも横穴もえなのがわかった。先が見えない暗闇にやたらと魅かれるんだ。指摘されて気付いた。(笑)
往復1時間のルートを、片道1時間かけたよ。3人共、好きなだけ立ち止まって堪能したよ。岩肌にぺたぺた触れたり、水の流れに手を浸したりしたよ。
反対側の出入り口まで行って、少し戻って、途中のエレベーターに乗る。そこから坂を上って、展望台へ。広がるカルスト台地に歓声。
蕎麦だけじゃ軽くて腹八分目だった所為か、上まで行ったらおなかすきましたー☆Mさんと二人で、焼きおにぎりの甘味噌タレを食べました。うまうま。麻子先輩は夏みかんのミックスソフトクリームを食べて、あまりの溶けの速さにあわわとなっていました。(笑)
遊歩道を歩いて、また点在する岩をぺたぺた触り、腰まで伸びた草を分け入り、散歩を堪能。ぷち冒険だ。
地下にはあれだけ滔々と水が流れているのに、地上には一切水がない。池とか川とか。
木も疎らにしかない。あっても地面から生えてるんじゃなくて、岩から生えてる。
この草むらの中に、どれだけ秋芳洞に通じる縦穴があるんだろう。そう考えるのも浪漫。
時間と体力さえあればどこまでも行っちゃいそうな勢いだったけど、そこはぐっと自粛した。
展望台横で、夏みかんのソフトクリームを食べました。夏みかんだ!(当たり前)
堪能してから、またエレベーターで降りる。復路はもちょっとさくさく進むかと思いきや、やはり各々の気になるポイントで止まる。(笑)
私は百枚皿と黄金柱にやられたなあ。いや、他ももちろんいちいち凄いんだけど。感嘆のため息しか出てこないよ。
まだまだ未知の空間が広がる中、何年後に来たらまた変わってるんだろうなあ。それもまた浪漫。
最初に入った入り口に戻ってきた時、軽く2時間オーバーしていました☆何時間潜っていたのかという……!
途中、冒険コースというのも参加しました。参加ていうか、手すりと懐中電灯のみで、道なき道をよじ登るだけなんですけどね。それが手ごわいのなんのって。滑るわ水溜りに足突っ込むわ手を突くから泥まみれになるわ、もー大変。それが楽しくて楽しくて。
笑ったり大声出したりしながら、変なテンションでよじ登る、20代後半3人娘。ちょっと異様です。(笑)
降りてきた時にはどろどろになってました。それもまた一興!
入ってきた、秋芳洞ふれあい広場でお土産を買いながら、なんか崩壊した。(笑)
石モノは怖いよー!でも頼っちゃうよー!だから怖いんだよー!
結局私も買っちゃったぜ。フローライト。健康。
ローズクオーツの文鎮を買ったり、秋吉台&秋芳洞のトランプを買ったりとなされていた、某さんの暴走はどこまでどうなるのでしょうか……。(微笑みながら見送る)
あ、豆腐のソフトクリーム、美味しかったです。本当に豆腐だー!と叫んで、お店の人に爆笑されてしまった。(照)
Mさんの食べてた梨のも美味しかった。本当に梨ー!

荷物回収。バス待ち。行く先は下関。
もう夕刻、到着は夜になる予定。本当にそろそろ脱落者出てもおかしくないのに、ほんと皆元気なんだから〜。喋りっぱなしですよ?
車窓に映る風景を見ながら、
「都会に来たね……」
「ていうか東萩が田舎だったんだね……」
と呟き合う。確かに大きな町じゃった!
だって東荻では、駅に一番近いコンビニが休業中だったんだもんさ!
下関でホテルにチェックイン。ここは本当にビジネスホテル。3人部屋がなくて、Mさん、麻子先輩と私、と別れる。
そして夕食を摂りに外へ。道を聞いたおばさまが、どうやら地元の人ではなかったらしく、それでもグルメマップをいただいてしまいました。ああああありがたい!
商店街を適当にふらついて、フィーリングでラーメン屋へと。
これがまた美味かった!とんこつ!チャーシュー!
各々の麺の他に、キムチチャーハンと餃子を頼んでぱくつきました。これでちょうどいいってんだから、どれだけエネルギー消耗しているのかと。(笑)
帰りにコンビに(一日ぶりだぜ!)でお酒を買い込み、部屋のみの準備準備。
しかし、ためらい無く500mlの缶を手に取った私は……酒に溺れているよ……。(汗)
Mさんの350ml、麻子先輩の試供品サイズ、と並べると、大中小!と、かわいくねぇー!!!
部屋に戻って、じゃあ風呂上りにこっちの部屋に来てね〜♪と言い残し、一時解散。
麻子先輩と交互に風呂に入り、まったり。しかしMさんから反応がない。メールしてもなんもない。
さすがに心配になって電話してみると、
「……ごめん、……ねてた……」
ああああああっ!?(笑)
彼女が起きてお風呂から出るまで、麻子先輩とだらだらお話。いろいろ喋りましたよー。ぐふ。
1時間くらいして、へろへろしたMさんが登場。部屋飲みやめる?寝る?と聞くも、
「大丈夫だから!(ぴし)」
とのことで、決行。時刻は既にスパサカ30分前。
そりゃーもーじっくりスパサカ見ながらカウントダウンTV見ながらランク王国まで食い込んで、飲んで飲んでふんわかしましたよ。
お酒が苦手な麻子先輩も、昨日今日と悪良いしなかったみたいで、よかったです。うん。
しかし就寝が2時過ぎ!明日は7時半起き!
がんばりまーす!
| 旅行記もどき | - | - |
萩・石見空港→萩観光。
女3人寄れば姦しい……!楽しくて死ぬ!
そんな勢いでした。ハイ。
それぞれ始発出発で寝てないのに、羽田で合流した時からハイテンション。
チェックインして、搭乗して、朝ご飯に買ったパンをもりもり食らう。
誰か眠気に負けて陥落するかと思いきや、全くそんな事はなく。ずっと喋りっぱなし。
萩・石見空港は、小さくてかわいい空港でした。
まあ大体、乗ってきた飛行機もちっちゃくてかわいかったしな。
バスで東荻駅まで移動。んが、雨が横殴りで降り注いでいる状態……。
とりあえず駅に避難して、様子を見るも、雨は相変わらず間断なく降り続く。
仕方なく循環バスの乗り場へまず行こうと、雨の中町へ踏み出した。
しかし循環バスの乗り場へ行くと、バスが来るまでの時間が微妙。
じゃあ歩いちゃえ!とばかりに歩き出す。
結構な道程を歩きました。途中、現れる寺院や神社や開放している古民家、全部突撃していきましたよ。和物建物好きばかり。(笑)
道の側溝にちょろちょろ水が流れているんだけど、沢蟹がたくさんいてびっくりしました。威嚇してる姿に和んだりした。
萩城跡指月公園では、茶室が休日のみ公開でお抹茶&お菓子がいただけず。
お堀りの鯉が貪欲で、亀も大量にいるわで怖いってば。
萩キリシタン殉教者記念公園の辺りで、雨が止んだと思いきや強烈な日差しに悩まされる事になり。
口羽家住宅は素晴らしかった!明治以前からの古民家、大き過ぎず小さ過ぎず、皆で
「住みたい!」
「こういう家ばっかりだったらヒートアイランド現象とか起こらないよね!」
などなど白熱。
家の敷地前を流れる河にも圧倒され。
しかし、そこの管理をしていると思しきおばさまが凄かった。
まるでその時代を生きて来たか、その時代の人間が乗り移っているかのような、滔々とした喋りっぷり。
おかげさまで、松陰先生がどれだけ素晴らしい人物か、桂小五郎が知略に長けた人物か、高杉晋作が躁鬱の気があった人物だったか、よぉく勉強になりました。(笑)
鍵曲のところにあった案内板に書かれてあったんだけど、ここらへんはかなり土地を潰して夏みかんを植えたそうです。道理でアゲハチョウがたくさん飛んでるはずだ。
旧久保田家住宅と、菊屋家住宅との対比も面白かったです。武家と商家。ここでも建築物もえに熱狂する私達。誰も止められませんがな。
お昼は、道行きの途中で見つけた、小さなフレンチレストラン。これが大当たりでした!
シーフードサラダも冷製スープもパンも魚のフリッター数種もデザートも大満足で、2000円。安いくらいだ。
萩焼のお店にも寄りました。それぞれお土産購入。萩焼って、色が薄い程昔の焼き方に近いんだってね。

散々観光して回り、夕刻になって東荻駅へ帰って来る。
ホテルの送迎バスが来る前に、小さな小さなお土産屋ビルで、おつまみとお酒を購入。
ここらへんの地ビール、「CYONMAGE」っていう名前のがあるんですよ!笑った、買った!(笑)
それにしても荻の街は小さいです。人がいません。平日だからってそんな。何度も、世界に3人だけ?みたいな錯覚に陥る瞬間あり。
建築物も高過ぎる物はなく、歩道橋を作らず地下道にする配慮とか、街を本当に大切にしているんだなあて思いましたよ。
その割に古民家とかすごいオープンなんだよね(笑)入っていいの……?と恐る恐る覗き込む事何回も。

さて、ホテルですが。ホテルというより立派に旅館です。駅からちょっとあって山の上だけど、絶景かな。
拾い和室に大興奮(笑)畳だー!とばかりに喜ぶ。
夕ご飯前に温泉に突撃。露天でまったり語り合いましたよ。気持ち良かった〜。
浴衣に着替えて部屋に戻ると、夕ご飯の準備が整ってました。部屋ご飯ー!ここでも感激。友達との旅行だとビジネスホテルばっかりだったからな〜。
夕ご飯はとんでもなく豪華でした。煮物焼き物釜飯お吸い物刺身その他諸々!デザートの梨まで美味しかった!買って来たお酒も美味しかったし☆
布団を敷いてもらってからも、ちびちび飲みながらひたすらお喋り。
でも23時半くらいには皆揃って陥落しました(笑)疲れた……!
| 旅行記もどき | - | - |
北海道六日目in函館→帰京。
東京暑い……!湿度が!ノン!
しかも日焼け止め塗っても塗っても効いてる気がしなかった……。シット……。

・7時半起床。
・8時半朝市に朝食摂りに行く。(鮭といくらの親子丼♪)
・9時港を散策。
・10時ホテルに帰宅。
・11時チェックアウト。
・市街地や倉庫街から離れた店をひたすら歩き回って買い物。海産物どっさり。
・12時半昼食。洋食のコース料理。めちゃうま。
・13時半市内に戻って来る。
・14時空港へ向かう。
・15時15分の飛行機で引き上げる。
・飲み物のサービスも受けずに爆睡。
・16時半東京着。
・蒸し暑ー!!!
・18時過ぎ帰宅。
・軽く荷物を片付けて、夕食を摂りに外へ。
・で、後は帰って来て風呂入ってのんびりしていたらこんな時間ですよ。眠いよ。わー久々の私の汚い部屋ー。(……)
明日は、旅行序盤戦に買ってしまった生物を祖母宅に送って預かってもらってるので、それを取りに行く予定。
オールスターって明日だよね?忘れないようにしなきゃ。
| 旅行記もどき | - | - |
北海道五日目in伊達紋別→函館。
28℃。あちぃよ。

・7時起床。
・8時朝食。
・10時チェックアウト。
・11時の電車で函館へ。
・12時半過ぎに函館到着。
・ホテルに荷物預けて昼食。塩ラーメン美味かった!
・市電に乗って、トラピスチヌ修道院へ。
・16時頃戻って来る。
・倉庫街で買い物。
・18時半夕食。
・20時半函館山にロープウェイで登る。
・人混みにうんざりしながらなんとか夜景を見る。
・21時半バーで飲み直し。
・22時半ホテルに帰宅。
・風呂の順番待ち。←今ここ

いやあほんとにすごい日差しで暑かった!日焼け止めこまめに塗り直したけど、絶対焼けてるさ……。
明日はいよいよ帰ります。長旅でした。
| 旅行記もどき | - | - |
北海道四日目in伊達紋別。
25℃……暑い……。足が焼けました。

・7時半起床。
・8時朝食。
・10時出発。
・11時昭和新山&有珠山到着。ソフトクリームを食す。
・12時洞爺湖到着。
・ウィンザーホテル洞爺でお茶しようとして、途中まで行ったら追い返された。(……)
・宿泊客以外は近寄れもしないそうです。
・サミットあるから警戒体制高まってるからってお高く止まってるんじゃねえよバーカ。
・13時半、怒りを抱えたまま「レストラン牧家」に移動。昼食。
・14時半、祖母宅に到着。再従兄弟たちとフットサルに興ずる。
・16時、買い物。
・17時半、ティータイム。
・18時、U22対北朝鮮戦を見ながら、夕食開始。
・21時半、引き上げる。
・22時風呂。
・23時マッサージチェアに沈む。


さて、せっかく水曜どうでしょうの本場に来ているというのに、あと数分が超えられそうにありません……寝ます!
| 旅行記もどき | - | - |
北海道三日目in伊達紋別。
・7時半起床。
・8時朝食。
・9時半出発。祖母宅到着。
・10時出発。祖父の墓参りへ。
・11時農場をやってる親戚宅を襲撃。大量に土産物をもらう。
・11時半盛大に道に迷う。(ほんとに帰れないかもしれないと思った……!人っこ一人いない荒れた道無き道を突き進んだ……)
・12時酪農レストラン「牧家」にようやく到着。アイスやヨーグルトを食して小腹を満たす。
・12時半昼食。味噌味ラーメン美味でした。
・13時半祖母方の曾祖父の墓参りへ。
・15時祖母宅に帰還。
・17時、三三五五親戚が集まり出す。
・18時夕食。祖母の手作り。めちゃうま。ラズベリーワインめちゃうま。
・20時花火開始。寒さにガタガタ震えながら楽しむ。
・21時解散。
・21時半宿泊先に戻って来る。
・22時温泉。
・23時出る。マッサージチェアで凝りをほぐす。←今ここ

疲れました……!荷物は少なかったしレンタカー移動だったんだけど、途中途中でハプニングが多過ぎた。
久々に会った再従兄弟(未婚。彼女なし。30歳)に軽くときめいたのは内緒だ!


明日こそは牧家レストラン行きます!洞爺湖のウィンザーホテル洞爺でお茶もするのだ。
| 旅行記もどき | - | - |
北海道二日in小樽→伊達紋別。
昨日書き忘れ箇条書き。
・小樽は海の街なのに、東京の海のような臭さがない!
・石畳でカートと足裏がガタガタ。
・泊まったところ(ホテル・ノルド)最高!連泊したい!
・運河と海が綺麗。
・ていうか寒くて厚手パーカー着っ放し。


そして今日のこと箇条書き。
・7時半起床。
・ホテルで8時朝食。
・10時チェックアウト。
・小樽市内散策しまくって買い物三昧。
・札幌の友達と会うべく、弟が別行動。
・昼食。寿司。美味ー。
・14時に小樽を出発。
・14時40分頃に札幌に到着。洞爺に向かう電車の中で弟と落ち合う。
・洞爺に15時40分過ぎに到着。
・レンタカーで伊達温泉へ。
・荷物を置いて祖母宅へ。
・夕食へゴー。寿司。飲み。
・宿に帰って来て風呂へ。
・寝ます。←今ここ

ああ〜寒くて難儀しました……厚手パーカーが大活躍。

明日は祖父の墓参りと、ウィンザーホテル洞爺にお茶しに行きます。時間あったら、洞爺湖の遊覧船に乗るかもしれない。
おやすみなさい!
| 旅行記もどき | - | - |
というわけで北海道一日目in小樽。
箇条書きで。

・5時起床。
・6時出発。
・9時の飛行機。
・10時過ぎに新千歳空港着。
・買い物第一弾
・列車で小樽へ
・14時頃昼食にジンギスカン。
・北一硝子にて、グラスに細かい砂を吹き付けて絵を描く体験。
・ショッピング。
・19時頃夕食。寿司。
・20時から祭りと花火を、宿泊先からマッタリ眺める。
・再度町に繰り出して飲み。
・帰宅して風呂←今ここ

足が棒のように……!疲れた!しかも小樽寒いし!(最高気温20℃ってなによ!?)
明日は祖母宅のある伊達に移動しまーす。
| 旅行記もどき | - | - |
大阪旅行三日目。
寝坊しました!←いきなり
おかげで予定より1時間も遅い出発に。ほんとにごめんなさい。
チェックアウトして一路京都へ。壮大なるバス移動のはじまりはじまりでした。
イノダコーヒー店へと歩く歩く。
目当てのセットは本店でしかやってなかった。残念。でも美味しい。
金閣寺へまたバス。小学校の修学旅行以来。
その時は雪が降ってて風情があったのだけど、明るい空の下で見るとまた違う。
次は清水寺へ。祇園から歩いた。疲れた。
人も多くて時間も無くて、途中まで参拝。
京都駅に戻ってから軽く迷子になったりして、かなり焦り走りました。
実はそんなにまで時間ぎりぎりでもなかったけど。早い行動がいいよね!
夕ご飯の駅弁はおばんざい弁当でした。美味しかった。
よーじ屋や漬物屋でたくさんお土産買いました。ぐふ。

TT5のみんな、ありがとう&お疲れさまでした!!
| 旅行記もどき | - | - |